FC2ブログ

ジャパンカップ予想

第28回ジャパンカップ。いよいよ明日。





キングジョージ、凱旋門賞という世界の




大レース2つに登録、そして制覇を来年の




目標にしているディープスカイや、牝馬での




天皇賞秋-ジャパンカップの連勝という前代未聞の




記録を狙うウォッカ、ここの食い込む未知の力を




秘める菊花賞馬オウケンブルースリに、凱旋門賞にも




挑戦し、世界を知って一つ大きくなって日本に戻った




現役No.1実績馬メイショウサムソンと、国内馬一辺倒の




レース。





そんな中での私の予想は以下です。





◎マツリダゴッホ

去年の有馬記念馬。今年秋はまだ厳しいレースを

しておらず、且つ左回り、右回りという問題よりも

2400Mという距離できっちりレースを作れるという力から

本命に。



○ペイパルブル

マツリダゴッホの母はペイパーレイン。この馬の名前は

ペイパルブル。「ペイパ」だけでも被るなんてなんだか

とっても意味深。


・・・というオカルト理論もありますが、独特の雰囲気ある

凱旋門賞は大敗にも目をつぶりつつ、他のレースでは

実に安定。凱旋門でも力を出せていないなら疲れも

ないと見て。更に前走からの斤量減量、同距離、

東京でのなかなかの時計と走破経験など総合的に

対抗に。



▲パープルムーン

まったく未知数といえばこの馬。最近は二戦に一回

連対していて、今回は連対をはずす番ですが、3着なら。

あまり自信はありませんが・・・



△アサクサキングス

長くも短くもなく、丁度良い距離と思ってました。早い時計は

出せる馬です。前走の疲れを考えなければ▲にしてました。

ルメール騎手要注意。




△メイショウサムソン

なんと言っても実績はあり、なんとなく今年のG1は全部二着に

来る、なんてことも考えられます。ヒモには絶対はずせません。




★トーホウアラン

唯一と言っても良いほかとの勝負付けが済んでいない馬

(上り調子の馬の中での話)。ダンスインザダーク産駒の

長距離適正と、ヌレイエフ血統の速さを信じつつ。














天皇賞秋組はさすがに時計が早すぎて、

疲労にだけは勝てないということで切りました。

ただ、東京2400Mの実績は間違いなくあるため、

ということと、3歳馬、牝馬が世界にその名を

響かせて欲しいという意味で、馬連のヒモには

絡めます。



それと別に最近めっぽうツイてない武豊。

そのお手馬だったメイショウサムソンとウォッカの

一点馬券を厚めに。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

1 ■無題

おお!
外国馬、一緒だ。

マツリダゴッホは右・左というより、
中山向きだと思うんだよなぁ。

何だか先週のブルーメンブラットと同じような気がしてきた(^^;

2 ■はずれ

今回はまったく駄目だったなあ。
そしてこれを踏まえた有馬は
もっとわからない。

馬って疲れても走れるのかなあ
プロフィール

GRYPHONandGravi

Author:GRYPHONandGravi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR