FC2ブログ

109へ行く

109の一階には馬場印房という印鑑販売店があります。


GRYPHONの角印を作るため先ほど寄ってきましたが、


109側出入り口の外は当然マルキューに出入りする若い


女性のお客様方がもはや私には理解不能の単語が30%くらい


まじっている会話をしており、数年前にタイ旅行に行った際の


街中を歩いている感覚を思い出しました。




もちろんその若い女性たちを馬鹿にしているのではなく、


(もちろん、かと言って若者に理解ある大人を演じるつもりも


毛頭ありませんが)アクセサリーやファッションには目が行って


しまいます。



すれ違う人の耳を見たりしているうちはまだいいとして、


ペンダントをチェックしている際は完全な変態おじさんと


思われているかもしれません。



マーケットとGRYPHONのアイテムに連動性はまったくありませんが、


私のデザインの仕方はとにかくなんでも見て脳に刺激を与える、という


ところからはじまります。


先日も若者、、、その中でもいままでチェックしていなかった


10代女性の原宿系などを勉強するためKERA(雑誌です)を


買いました。なぜか若冲やらの琳派が載っていたりして


ちょっと驚きましたが、ほかは本当に勉強になりました。



もっと貪欲に吸収し、昇華して、いいデザインを描いていきたいものです。


http://gryphon.jp




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

GRYPHONandGravi

Author:GRYPHONandGravi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR