FC2ブログ

新作スカルリング製作日記-鋳造完了!完成まで95%-

鋳造と言う工程で銀になるのですが、銀になったばかりの時は
写真のように表面が真っ白なのです。これを磨いていくと
いうわけ。燻しをいれ銀と黒の抑揚がつくと、ものすごく迫力が
出るのです。一見この白いままの方が骸骨っぽくていいと
思う方もいるかもしれませんが、そういうこと。


今回はすべて裏の凹み部分などヤスリが入らないところ以外
機械を使わず手仕上げします。これも修行の一環。
もうすでに修正したい箇所が十数か所ありますが、いままでと
違い、ある程度の満足感があります。久しぶりにスカル商品の
中でも自分で身に着けたいと思えてるのは、このところの修行の
成果なのだと感じつつ、同時に更に上を目指したい、目指せる
と思える手ごたえをもって完成に至る作品のようです。


ポイントはリアルじゃないこと。リアルな骸骨を作るなら
リアルに最も近い造形をする1等賞にならないと意味が無い。
ぼくは今もまだHollyの佐藤さんと言う人が、シルバーでリアルな
スカルを作る頂点の人物だと思っており、自分は自分だけの
コンセプトを込めたスカルを作りたいという考えで活動して
います。

アイデアを盛り込んだスカルという意味でも頂点はおり、それは
BurningBloodというブランドのスカルだと思っていますが、
このジャンルは考え方次第で1等が何人居てもいいものだと
考えています。ぼくのスカルはちょっと本物っぽい部分が
あるからリアルを狙っていると誤解されそうですが、歯の数以外
まったく本物とデフォルメが違います。頭蓋のヒビも入れていませんし
当然頭に石など入っていません。側部もかなり違います。

そういうことを踏まえて、美しいライン、意味のあるライン、
物事の整を意識した目と石の正三角形、さらに裏には逆三角の
ロゴがあり、合わせると六ボウ(草冠に亡)星になります。
極めつけに目と石の丸3つプラス下あご左右に開けた丸2つの
五つの丸でスター(五ボウ星)も含んでいます。

そういうパワーや意味を込めることがGRYPHONの最大の強みと
思ってもらえればうれしいです。



■■■GRYPHON silver designs -from product side-■■■

■■■GRYPHON silver designs -from product side-■■■

■■■GRYPHON silver designs -from product side-■■■



http://gryphon.jp



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

GRYPHONandGravi

Author:GRYPHONandGravi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR