スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶室刀つづき

■■■GRYPHON silver designs -from product side-■■■-110627_114209.jpg

進捗5%というところでしょうか。


まだまだ完成まで果てしないです。
スポンサーサイト

先生作、般若のペンダント

■■■GRYPHON silver designs -from product side-■■■-110625_151009.jpg

研磨の練習、造型の確認にと、先生の般若のペンダントを手に入れました。


かなり細かいので、磨きに時間がかかります(さらにそれらを機械を使わず手作業でやる)


黒く燻す作業も一般的なシルバーアクセの作業と違う「色あげ」という行程を踏んだり、覚えることはまだまだまだまだ果てしなくあります。

原型製作中

最近仕事が重なってます。


ずっと頭を悩ませていたオーダーがようやくOKが出て納品でき、


すっきりしたところいくつか重なりました。


もちろん嬉しいことですが、いま、頭の中は


バイクのことで一杯なので、ちょっとだけ休みがほしいです。




明後日バイクがらみの案件をすべて済ませ、


先生のおつかいをしてそのあと原型製作。


だるまリングを作ってます。



http://gryphon.jp




7/5 下北沢でライヴ

LIVE活動開始から1年。大きな成長を遂げたエレクトロロック・バンドThe FRAPFRAPFRAPsが、次なるステージを目指して初の主催イベントを下北沢THREE のデイタイムに開催。
その名も、彼らの代表曲のタイトルから引用し「ヘッドフォンシンドローム・ナイト」。

フレンドライブアクトに、翌日7/6には待望の2nd mini album 「Power of The City」が残響レコードからリリースされるAFRICAEMO(今回はオリジナルメンバー3人によるmobile setでの出演)と、瑞々しいインディセンスがきらめくCURTISSが登場。

さらにDJには、80kidz主宰コンピKidz recへ参加してるノスタルジックなエレクトロサウンドのScottish Flod 。同じくKidz recに楽曲提供はじめ、日本におけるフレンチエレクトロ界最重要人物Lapin。都内若手CLUBシーンを牽引するイベントUNIKE代表 ITTIを迎え盛大に開催します。


The FRAPFRAPFRAPs企画第一弾
ヘッドフォンシンドローム・ナイト

7/5(tue)@下北沢THREE
18:30 open19:00 start
door/2300+(別1D) ADV/2000

LIVE act
AFRICAEMO(Mobile Set)
CURTISS
The FRAP FRAP FRAPs
and more

DJs
Lapin
Scottish Flod (Kid rec.)
ITTI(PUzzLERADIO/UNIKE)


最近聴きまくってるCURTISSというバンドが出ます。


http://www.myspace.com/curtiss.jpn/stream



Who The Bitch

インディーズ、事務所もない時代からずっと応援しているWho The Bitch。


ようやく先々週、先週と深夜ながら音龍門という番組で取り上げられて


フルアルバムも発売されて、去年からDCT GARDENという


DREAMS COME TRUEのレーベルに入ることが出来て、


先週見たライブもまずまずの入り(500人キャパで7割といったところ)で


うれしく思っています。



テレビでやってしまったので、もはや隠すこともありませんが、


ギターで作詞作曲を手がけるehi(えひ)さんの旦那さんは


一昨年病気で亡くなってしまいました。


亡くなってから知ったことですが、自分が昔好きでアルバムも持っていた


The Fantastic Designsというバンドのフロントマンだったということに


少し驚きもしました。


テレビというものは一体何が伝えたくてこの映像を放送するのだろう?と


疑問を感じることが多々ありますが、流されたものはもはや公のものであり、


それを受信する側が何を感じるかに関しては、あくまで自由であると


いうのが持論です。


この番組では旦那さんの逝去を境に歌詞が変わったこと、その流れからの


東日本大震災、みたいなところだったと思いますが、私はやはり


これを知った以上、Who The Bitchにはミュージシャンとしての旦那さんの


思いも乗せて、O-EAST、AXあたりのワンマン→C.C.LEMON HALL、ZEPP


→武道館や海外フェスのメインステージやサブステージのヘッドライナー、


くらいまでいってもらいたい、という思いをより強くしたのでした。



7/7 ワンマンあります。


渋谷O-Crestで夜。


http://whothebitch.com/






免許取得!

大型二輪免許、卒業検定合格しました!




寝ても覚めてもバイクのことが頭から離れなかったこの四年半。


身体の血液をすべて新しく入れ換えたように、すごくクリアな気持ちになってます。


忙しいため全く旅行にいけませんが、バイクは旅心を満たしてくれます。知らない待ちの知らない路地を、知ってる街でも知らない丘を、バイクがあればどこにでも日常から切り離された新しい興奮を見つけることができるのです。


私の免許取得にバイク仲間の友人は、まっさきに言ってくれたのでした。



「おかえりなさい」

SKULL CUP 2011 第01回 髑髏杯 !!!

GRYPHONは新作出したい、けどこの企画を知るのが遅くて作る時間がなかった、


という理由から参加しておりませんが、すごく興味の有るイベントがございます。



第一回 髑髏杯。



http://hellter.jugem.jp/?eid=8


参戦表明 2011.06.01現在

 Professional & Amateur

  LOVE CRAFT
  JET CORE☆
  anima exists in all creation
  L.S.2~Let's Sing a Life Song~
  銀燭
  Atelier Shima
  ByBy135ese
  J.O
  HELL BULL
  VATTLE ROYALE
  ZenSilver ~Duality~
  Spring-of-Heart
  Kagemaru Designs
  ZEKE
  Piston-Bump
  BaliBiji
  
MOJO leather&silver works
  STS-silverworks
  ノロシ
  Barty
  PHANTOM SUCTION
  SPECTORA
  Liska
  RD
  SKULLLABORATORY
  DEVIL JOKER
  Beauty:Maniaxx
  Locmaria Art Works
  CORNA DESIGN
  Gold-Mad Bee
  xCROWxNILxTAILxCOCKx
  SKURANGER
  little fox
  Egoism Of MAUHE
  2 Abnormal Sides
  Guardia
  LATE
  AMOS
  RODEO ROLL
  MAD HONEY
  Shit beauty
  中谷 優
  Unlimited silver cast  
  匿名希望
  A*GIN
  川原
  Amy Rucon
  GGQ
  RAMPAGE
  KING COFFIN
  LIBERTA
  ANTI
  Sploosh
  ~en~
  Karma fuck art
  Royal Necro Design
  Candy&Spice,Street.
  drive
  G-IRON SILVERWORKS
  Gratia
  Quetzal
  KISSYxxx
  IDEAL END ON THE MARKET
  S.O.F (SKULL of Funkouts)
  LegioMade
  BlackChaser ※2011.06.01 up
  Dutchman's breeches ※2011.06.01 up
  Luciferian Art ※2011.06.01 up
  凝泥[cube] → magocult
  floral symphony's production
  GHQ Designs
  JTS (Journey through the stars)
  DARK MATTER

  WING×JOKER
  絢乱
  DOKUJU
  AigiS
  hando of glory
  近藤慎

  佐佐木 祐平
  堀澤 ※2011.06.01 up
  橋本 ※2011.06.01 up


 Student
  HIKOみづの大阪校 × 26名
  HIKOみづの東京校 × 13名
  大学生 × 3名
  高校生 × 1名

  計 124名




  お問い合わせ → 
skullcup@hotmail.co.jp






日本一といわれるスカルブランドが参加していないとか、


素人が多く参加しているとか、雑音も聞こえてきますが


これだけの参加ブランドでスカルリングを競えば


それはもう立派に日本一を名乗ってもいいのではと思います。



自分が参加するとして、一票も入らず打ちひしがれるのはさすがに


きついですが、そこそこ評価してくださる方がいれば、それだけで


出る価値もあります。出ることで他のブランドの作品とも真摯に


向き合えます。


まだ展示すらこれからですが、来年もあればいいな、と思います。



http://gryphon.jp





最近買ったもの

ガイガーカウンター


紫外線照射器(宝石鑑定につかうもの)


10倍拡大鏡(同上)


木(日本刀の拵えを作るためのもの)


銅の板(日本刀の鍔をつくるためのもの)


真鍮の板(同上)



ということで自分の家のなかが実験室みたいになってきてます



http://gryphon.jp



震災三カ月

黙祷。しかして前に。


祈りは宗派を超えた死者への声掛け。


あとは生きてる人へ向かって発言し、


行動するのみです。




http://gryphon.jp




今日の仕事

オーダー原型二件

ショッピングサイト用撮影作業

原型たくさん

Who The Bitchライヴ

夕方、帽子作家の方に毛皮のシルクハット型帽子を


オーダーしにいってきました。冬に帽子と、それに合わせ


コートを新調しようとおもっております。


必要にかられているわけでもないのに動物の毛を着る、


という行為は残酷なもので、自分が間違ったことをしていると


言われてもなにも言えませんが、私の考え方は


ある毛皮は着て成仏させる。というもので、いま着ているコートは


毎年大事に着続けて、もう18シーズンになります。


その間ほとんどほかの上着は買っておりません。


もう毛皮の毛も禿げてきて、供養できたかな、と思っています。




さて、長らく応援しているWho The Bitchのライヴに行ってきました。


渋谷O-WestでWho The Bitchはトリ。


Tシャツを作って売り、募金活動もしているようですが、


ギターのえひさんがMCでとつとつと、しかし感情が乗っているのが


ありありとわかる話し方で話している姿には、ぐっとくるものが


ありました。



音楽やっている人間が「自分たちには歌うことしかできないから」と


言っているのを受けて、知人は「ボランティアだって原発の仕事だって


できるじゃん」と言っていました。それも正論ですが、歌と歌への姿勢、


お客さんへの姿勢次第では、歌うことこそが最善だと思えるバンドもたくさん


あるということを感じた夜でした。



http://gryphon.jp





ひきつづき新作造型

本日も引き続き新作の造型。


あさってくらいには新作原型の写真アップしようと


思います。



おたのしみに。



http://gryphon.jp




茶室刀

■■■GRYPHON silver designs -from product side-■■■-110607_191933.jpg

先生作の茶席刀。刀掛けとセットで七万円なり。茶席刀で現存するものは皆無に等しい。

本日の作業

作業の日は作業内容を書いていくことにしました。


書かないとさぼってしまいがちなので。




本日の作業


*茶室刀 


  木の荒削り


*原型製作 


  オーダー仕上げ


  スカルリング 荒削り


  バロンだるまリング 荒削り


  石入りペンダント 細部


*写真撮影 


  オンラインストア分の写真テスト撮影



http://gryphon.jp



MarkBrothers iphone ケース6月10日発売

iphoneケースでは認知度が上がっているギズモビーズから


シルバーアクセサリーブランドMarkBrothersデザインの


ケースが発表されるそうです。


http://gizmobies.co.jp/


シルバーアクセサリーブランドから他のジャンルへのデザイン提供というのも


だいぶん増えてきました。



卑屈な言い方をすればシルバーアクセはジュエリーと呼ばれない


安くて質の低い子供だましのもの、とも思われる方もいます。


世のすべてにおいて自分の思い通りになるものではなく、


誇りを持っている自分の仕事でも、どういう見方があってもいいと


考えてはおりますが、とはいえシルバーアクセのステージが


上がっていくことは、それがたとえ自分の手によって成し遂げたものでなくとも、


とてもうれしく思います。



MarkBrothersのアイフォンケース、どうぞお楽しみに。



http://gryphon.jp




逃げ馬、久々のG1戴冠。---安田記念 予想---

◎ 2番 シルポート
○ 3番 スマイルジャック
▲ 5番 サンカルロ
△ 14番 リアルインパクト
△ 10番 リディル


馬の気分で逃げて結果を出すシルポートならば

仕掛けどころも関係なく、騎手の技量が無くとも、

むしろ無いほうがマークが薄くチャンスがあると見る。


逆に天才 武豊の天才たる技量が終焉したと思えた

日本ダービー。次の天才とは思えないが、天才の記録を

塗り替えたことは事実の三浦へバトンタッチを果たす

意味をこめて、スマイルジャックが対抗。


逃げ馬で実績のあるビューティーフラッシュは印は

うっていないが注意はしている。

横山に替わり気になるサンカルロ、斤量差はやはり気になる

この時期の三歳馬。それだけで予想に組み込む必要は感じ、

リアルインパクト。天才が終焉、ディープ産駒が再来、という

図式も面白い。

G1で実力馬に乗ることがあとどれくらいあるか、それを

考えるだけで人情で本命にしてもいいとすら思えた

中館英二のリディル。

いずれも馬単。

表札の写真貼り忘れてました

■■■GRYPHON silver designs -from product side-■■■-110605_081344.jpg

2011/06/05

知人の家の表札作りました。文字バランスを調整したら完成です。

茶室刀

先生に習い、茶室刀を造りはじめました。


茶室刀は言ってしまえば「木」です。茶室には身分の上下なく、刀は持ち込みしません。しかし武士の魂として刀に見立てた何かは持ちたい。

そこで木を本物の刀のよいに拵えた、見た目はまるで小刀や脇差しかと見える茶室刀が誕生したのです。
茶道の流儀にも語られることは少ないのは現代ゆえ当然ですが、武士の想いを夢想しながら製作しています。

教習所

■■■GRYPHON silver designs -from product side-■■■-110603_155530.jpg

今日も快晴。いまのところ予約した日に雨無しです

教習終わったら笹塚でボウリングの予定。

茶室刀説明書

■■■GRYPHON silver designs -from product side-■■■-110601_151414.jpg

先生が製作中の茶刀の説明書。
プロフィール

GRYPHONandGravi

Author:GRYPHONandGravi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。